Search

【百合&ふたなり】濃縮還元帝国!

※性描写等を含むため18歳未満の方の閲覧は禁止致します。【サークル名:濃縮還元帝国!(ふたなり)ビアチカ(百合)】

【アークR/ふた百合ゲスト小説】蜜蜂と仇花 靄と秘め事 サンプル版【作:ツヅラカヅサ/絵:S,夜紫蛇】

 

 


【テキスト版】

0900 ALPHA、東端の『カカシ』をしまう
0906 BRAVO『納屋』の端末から侵入、『呼び鈴』を鳴らす

晴れ渡った青空に、突き刺さるような陽射しが昇りかけている。ミルマーナの、ともすればリゾート地のようなビーチをガラス越しの眼下に見て、長身の女性がエレベーターで階上へと運ばれていった。
射干玉(ぬばたま)の長い髪と、口元の黒子が彼女の妖艶さを一際引き立たせている。
シャンテ・ドゥ・ウ・オム、かつて世界を救った英雄の一人であり、今や世界的な歌姫である。
軽い金属音がしてエレベーターが停まり、扉が開いた。極めて素っ気ない廊下の突き当りが目的地である。
「サニア、いる?」
金属製の重厚なドアを開けると、正面の執務机に部屋の主の姿はなかった。
「サニア?」

0925 CHARLIE、DELTA、ECHO 『前庭』を制圧
0940 FOXTROT、GOLF 『家』の者たちと『台所』を確保

「そう何度も呼ばなくても聞こえているわ。何か起きたの?」
次の部屋に続くドアから、眼鏡をかけた栗色の髪の女性が書類を抱えながら出てきた。サニエレ・アルノ・ヘ・ドバッチ・ミルマ、ミルマーナの元王女であり、シャンテと共に世界を救った英雄で現在は大災害で崩壊した祖国を復興する指導者として行動している。
「いつ来ても仕事してるのね、サニア。少しは息抜きでもしたら?」
「そんな暇なんて、ないわ。遊ぶ暇があるなら貴女にも少しは手伝ってもらおうかしら」
「あら、私は公女様におねだりに来たのよ」
「世界の歌姫シャンテ様に贅沢させてあげるようなお金、うちにはないって分かってるでしょ」
「……ブーツ、買ってくれない?」
昔からの、二人にしか分からない誘いの言葉。
一度驚きに目を見開いたサニアが、困ったように笑う。半ば、ねっとりと。
「日もまだ昇ったばっかりだっていうのに、このアバズレは何考えてるのかしら」
「ここに来てからは、貴女の熱くて太いモノの事ばっかりね」
サニアは静かに腕の中の書類を机に置き、太陽が降り注ぐ大きな窓をカーテンで覆った。無言での了解を察したシャンテが何事か口の中で呟く。すると先程まで小さいながらも聞こえて来ていた周囲の音がぴたりと止んだ。
「うふふ、久し振りだから少し細工をさせてもらったわ。こんなところ部下の子たちに見られちゃったら、貴女の信用ガタ落ちでしょ?」
「まったく、こういう事には準備がいいのね」
「あら、それだけじゃないわよ」
シャンテがスカートを捲ると、荒い網目のストッキングを履いた美しいラインの脚が顕になる。太腿のガーターリングに掌に収まるほどのコントローラーが挟まれており、そこから延びる数本のコードが黒い茂みに続いている。
「ブーツだけじゃなくて下着も買ってあげなくちゃかしら」
呆れ顔でサニアが肘掛け椅子へ腰を下ろすと、シャンテは脚の間へ跪き腰布をもどかしげに捲りあげた。
「英雄だの何だのって、変に讃えられちゃうとやり辛いったらないわ。昔は好きな時に好きなだけできたってのに」
そう愚痴りながらも、サニアのペニスを取り出して慣れた手つきで弄り始める。
「世界の歌姫様にもなると、スキャンダルが怖くなるのかしらね?」
「貴女はいいわよね、周りに可愛い娘ばかり侍らせて……ん、ふ…っ」
勃ち上がりかけたサニアのモノを、シャンテの紅く彩られた唇が包むと、会話はそこで途切れた。不自然なほどに静かな室内に、シャンテの立てる音が卑猥に響く。
「ちゅる、ちゅっ、……ちゅっ……じゅぽっ、じゅぷっ」
既にサニアのペニスは硬くそそり立ち、シャンテが淫らな細い指と柔らかな唇と舌であらゆる処を這い回りながら快楽を掻き立ててゆく。
「熱心に…甜めてくれるのね……、は…ぁ…、んぁ…」
シャンテの絶妙な舌遣いに、サニアの息が甘く弾んでくる。サニアのペニスが硬く反り返ると、シャンテはわざとらしくゆっくりと唇を離した。
てらてらと唾液に濡れて光るペニスへ、思わせぶりな仕草で指を滑らせて焦らす。
「サニア、可愛いわ」
「っ…、私が欲しくて来た割には焦らすじゃないの。早いところ跨って尻を振りなさい」
「あん、昔っからせっかちね」

続く


続きは完成版でお楽しみ下さい。
漫画版『蜜蜂と仇花 後編』完結後公開予定です。

ツヅラさんには蜜蜂と仇花の
漫画の台詞監修等もお願いしていることから、漫画の後日談を依頼しました。
アークRのミルマーナクーデターはふたサニアだったらどうなるかで書いていただきました。

ツヅラカヅサ様(ゲスト)SNSなし
夜紫蛇のpixivに合作として投稿予定です。
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=12450204

ツヅラさんには、
ユリ母iN2巻から毎号同人誌用にスピンオフ小説をご寄稿いただいてます。
サンプルを投稿して降りますので、興味のある方はユリ母iNご覧下さい。
pixiv https://www.pixiv.net/user/54535/series/2268
サイト http://nousk.jp/wp/?page_id=443

Comments are closed.

© 2020 【百合&ふたなり】濃縮還元帝国! . All Rights Reserved.